読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からのスモールビジネスWeb戦略

一人または少数で独立・起業している人のためのWeb戦略です

ITリテラシーを身に着けよう。 子育てを経て起業した人がWeb戦略について学ぶ、3話。

f:id:q2e2d2:20170213155609j:plain

 

ITリテラシーとはITを使いこなす能力のこと。今や、インターネットもあり、パソコンもあり、これらの能力を身に着けているか身につけていないかで、何倍、何十倍もの差がうまれてきます。

 

読んでないかたは

 

www.hitori-web.work

 

 

www.hitori-web.work

 

 

恵子は、早速ライバルサイトを検索して、Excelに貼り付けて、特徴などをキーボードでカタカタ。

 

それを見ている雄大。

 

雄大「おそ!!、ちょっと見てみな。」
カタカタカタカタ。

 

恵子
「はやい!!」

 

雄大
「大学院に入る時、ずっと、練習していたのだよね。パソコン触ったのが、大学生からで遅かったから、なんとか追いつきたいと思ったし。

 

今後、メールなり、銀行からお金を借りるときは、ドキュメントを作ったり、たくさん書くことが多いよ。

 

今は、少しずつ、音声入力とか流行っているけれど、現状まだまだ。

 

素早く入力できるようになったほうが、仕事の作業効率も倍以上になるよ。

 

そのスピードだったら。ということで、日々のタイピングの練習とショートカットキーを覚えること。1日10分でもいいので」

 

どうせ、起業したら、時間がとれなくなって、そういう日々の鍛錬はどんどん後回しになっていくよ。

 

恵子
「また、宿題が増えた!!起業って大変ねー」

 

雄大

「ひとまず、パソコンのタイピングからがんばろう!!キーボードを見ないで、文字入力できるようになろう!!最初はイライラするかもしれないけれど、なれてくれば、楽だよ」

 

雄大アドバイス
もし、キーボードの入力になれていないのであれば、一刻も早く、練習をすべき!!

 

スマホで入力するほうが得意という人も、パソコンで仕事をしたほうがいい。基本的には。

 

仕事をすればするほど、ドキュメントの数やメールの数が増えてくる。

 

それらに、いかに早く対応できるのかで、こなせる仕事の数も変わってくる。

 

もし、起業するまでに、時間があるのなら、ブログ云々言う前に、まずはタイピングを覚えつつ、ブログを書くことで、タイピングの練習にもなる。

 

タイピングを覚えるなら、


寿司打

e-typing

あたりがオススメ。

 

最初はゆっくりでも、キーボードを見ないで打てるようにして、
徐々にスピードを上げていくのがオススメ。

 

Excelも最低限
1.表にする
2.グラフにする
3.数値計算の自動化(関数を使う)

 

パワーポイント

⇒最低限の図やイラストなどを作り、プレゼンテーションができるようになる

 

ぐらいまでは、覚えておいたほうがいいでしょう。

 

 

ブログは毎日書くだけではダメ? 子育てを経て起業した人がWeb戦略について学ぶ、2話。

はじめての起業 Web戦略

一話はこちらより

 

www.hitori-web.work

 

二週間後、雄大は再び恵子のお家に遊びに行く。

 

恵子「見て!!ブログ書いたの!!それも毎日!!」
いかにも、してやってり感がでてる。

 

タイトル:徒然なるままに
記事の内容:今日食べたもの、日常で感じたことがほとんど

 

雄大「一言。ダメ!!以上!!」

恵子「だって、ブログを書けって言ったじゃない。だから書いたの」

 

雄大「いや、趣味ならいいのだけど、これから起業するのだよね?これで人がくると思う?」

 

恵子「うーん、やっぱり来ない?」

 

雄大「残念ながら」

 

恵子「じゃあ、どう変えていけばいいの?」

 

雄大「方向性を示す一つのキーワードとして、◯◯の専門家とか、◯◯の事なら、私にまかせて!!みたいなものをブログ上からわかるようにすればいいの」

 

「例えば、自分の場合だったら、Webのお困りごとがあったら、何でも聞いて!というスタンス」

 

「このあたりは、やっていくうちに、少しずつ変わってくるの」

 

「例えば、起業家支援といっても、幅広すぎると、結局差別化ができないの」

 

「そこで、飲食店専門の起業支援とか、女性専門とかね」

 

「飲食店を開いたとして、ビジネス的にどうにもうまくいかない、誰かアドバイスをもらいたい」

 

「そしたら、そこら辺の経営相談のできるコンサルタントに聞く?それとも、飲食店専門で、ノウ・ハウを溜め込んだコンサルタント、どちらの話を聞く???という話」

 

恵子
「そりゃあ、飲食専門のコンサルタントね!」

 

雄大
「そう、だから、まずは、同じような内容で書いている人を探して、真似をすることが大切なの。

 

とはいえ、わかっていると思うけれど、コピペ(盗作)はダメ!!あくまでも、自分の言葉で書くように」

 

恵子
「昔は、小さい赤ちゃんだったのに、立派に、意見言うようになったわね!!頼もしいわ。悔しいけれど」

 

雄大

先生ヅラして

「よろしい!、じゃあ、課題は2つ

1.◯◯の専門家と言えるようにすること

2.ライバルのサイトを10個調べてきて、URLと、特徴、タイトル、真似すべき点、私なら、ここが勝てるといった感じで、まとめてきて」

 

恵子
「そういうの嫌いなの」

 

雄大
「じゃあ、もう知らん!!」

 

恵子
「すみません、やります!」

 

雄大の脇道、アドバイス

ブログは毎日書け!!というケースが多いけれども、実はどっちでも良かったりします。

 

とはいえ、最初は毎日、ブログを書く習慣を作るためにも、ブログを書いたほうがいいでしょう。最近は長く読まれるためには、ブログの質も大切だなと感じています。最低でも800字以上を目安に書いていくといいでしょう。

 

また、ちゃんとライバルを洗い出すことが大切。そして、多くの人は、この作業を飛ばします。

 

そして、うまくいかない。相手との力関係を図る上でも、大切で、一件同業者はライバルなのだけれども、知り合いを作っておくと、すごい味方に大変身する。

 

例えば、仕事が忙しくて、仕事を受けれない時、紹介してあげたり。または、その逆であったり。

 

業界特有の最新情報を共有したり。悩んでいるところも似ていることが多いので、聞いたら、すぐに解決できたり。

 

あとは、ライバルがいないのも危険だったりします。オンリーワンだから、私が一番!!と思って、実はそこに市場がないケースもあります。

 

市場がないと、まずは市場開拓からしないといけないので、本当に時間がかかるので、あまりオススメできません。

子育てを経て起業した人がWeb戦略について学ぶ、1話。

はじめての起業 Web戦略

雄大
東京工業大学大学院卒業後、楽天に入社、その後、独立。

現在はWebエンジニアでもありながら、Web戦略をサポート。
ソーシャルメディアの専門家でもある。

 

親戚のおばさん、恵子。
3人の子どもを育てた主婦50代。昔は、仕事をしていたが、子育てを機に専業主婦へ。
雄大の親戚で、家が近いので、よく遊びにいく。

 

この話は、フィクションです。ただし、私が受けた依頼や質問を中心に、出来る限り共通しているテーマを厳選して、書いています。

 

ある日、恵子おばさんのお家に遊びに行った雄大。そこでの会話。

 

恵子
「ようやく、子育てが終わったー。一番下の子も無事、高校受験が終わって大学生!」

 

「最近ね、私の主婦友が、ビジネスを始めたの。料理教室や石鹸を売ったり」

 

「昔は、いろいろ韓流の話や、ドラマの話をしていたのに、ビジネスをやりはじめた途端、そっちが楽しいみたいで、ビジネス友達と一緒に話している事が多いの。全然、かまってくれない」

 

「なんか、羨ましくて。自分のやっていることを話せるのが。生き生きしているというか、キラキラしているというか」

 

「そこで、私は婚活のイベントや相談をビジネスにしたいと思ってるの」

 

「昔から、合コンとかセッティングしたりとか、人の相談に乗るのが得意だったから。」

 

「ただ、ホームページやブログは大切だよって、ビジネス友達が言うのだけど、いまいちわからなくて。」

 

「IT系の企業に行って、就職して、起業したんでしょ?いろいろと教えてよ」

 

雄大

「恵子おばさんだから、いいよ。」

 

恵子

「そこで、相談なんだけど、最初立ち上げる時、何からやっていったほうがいいの?」

 

「ホームページやブログやTwitterやFacebookやInstagramなどたくさんあるのは知っているのだけれども、結局何から手をつけていけばいいのかわからなくて」

 

雄大
「では、まずは、ブログからはじめみれば。まだ、ビジネスのコンセプトも決まっていないっぽいので、ひとまず、アメブロ書いてみればー」

 

恵子
「ふふん、これでも、毎日日記を手書きで書いてたの。それに、昔、少しだけ書いていた事があるの。だから余裕〜。早速、はじめてみる!!また、教えてね〜。」

 

すごいやる気の出てきた恵子。

急な展開で、びっくりした雄大。今まで、起業のきの字も話した事がなかったので。

帰り際に急な話になったので、あまりアドバイスができず。

 

果たして、恵子はうまくいくでしょうか。

 

【解説】

ホームページやブログのデザインは後からでも変更できます。

お金をかければいくらでも綺麗にできます。

 

ただし、文章に関しては、自分で学ぶしかありません。

 

ここでいう、文章は正しい日本語で書くということではありません。

言い換えると、自分が持っていて、他の人には持っていない専門知識を持ち、その専門知識をどうお金に変えていくのか(生活できるようになっていくのか)が勝負だと思っています。

 

もし、専門知識(1万時間以上勉強や実践したもの)がなければ、先に、勉強する(ブログを書きながらでもOK)ことが大切だと思っています。

 

楽して稼ぐ系の情報につい手をだしたくなりますが、ほとんどが嘘または、実際に本当でも、短い期間しか稼ぐことができない情報がほとんどです。

 

本当に儲かるものであれば、誰にも言いません。

 

Webで集客するために必要な事

1.専門知識を身につけること

2.徹底的な数をこなすこと

3.ニーズを分析すること

4.Webの流入経路を作ること

5.商品への誘導を考えること

 

だと思っています。起業するにあたり、時間があるのであれば、まずは1〜3を徹底的にやることが大切だと思っています。

 

あと、無料ブログについて。

ビジネスをする上では、あまりオススメはしていません。

 

ただ、ビジネスをする前段階の修行期間であれば、書く練習をするための無料ブログであれば、全然OKだと思います。

はじめに

はじめに

このブログのタイトルは50代からのスモールビジネスWeb戦略です。

 

このようなタイトルをつけましたが、どの年代にも役に立つ情報だと思います。

 

ただ、子育てが一息ついた、主婦や、思い切って、サラリーマン生活に終止符をうった人など、ホームページやブログって、何をしたらいいの???

 

やる価値はわかるのだけど、やり方が全くわからない。

 

そのような人たちにも、極力わかりやすく、書いていこうと思い、このようなタイトルをつけました。

 

また、一人ビジネスと書いてありますが、数人、数十人規模の会社だけれども、IT部門は一人でいろいろとやっているという人にも有効だと思います。

 

このブログを作ったきっかけとして、私は3年ほど前に起業しました。

そして、ITやWebに関する様々な仕事を経験し、たくさんの相談を受けました。

 

サービスを作るところからの相談や、システム開発、Web広告やホームページやブログの戦略など。

 

はじめて、起業する人やWebになじみのない人は、

 

  • 何から手をつけていけばいいのだろう??
  • 手を付けている人でも、なかなか成果が出ていない!!

 

そのような人も多いでしょう。

 

スポーツの世界には、コーチがいることがほとんどだと思います。

 

なかなか我流では通用しません。

 

ただ、Webに関しては、我流を通そうとする人が多いなと。

 

だから、成功まで、遠回り。

 

それだったら、例えば、勉強に10万円払って、ちゃんと、教えてもらって、その何倍も稼げるようになればいい。

 

せっかく、起業したり、Webの担当者になったのだから。

 

私は、これから成功する人のお手伝いをし、成功を一緒に喜ぶことができれば、それが最高なのかなと思っています。

 

さて、このブログはどれぐらい多くの人にお役に立てるのか、とても楽しみでもあり、責任を感じてもいます。