起業し、Webを活かすために最低限必要な事(過去の失敗を踏まえて)

一人起業して、7年程生きてきました。
たくさんの失敗もしてきました。

 

また、たくさんの起業家やWebサービスもみてきました。

 

起業しながらも、長く安定的に生きていくために大切な最低限な事について、書いていきたいと思います。

 

これらがあると、ホームページやブログやSNSがいきてきます。

1.事業を続ける上で好きであること

稼げるけれど、あまり好きでない場合はとにかく期限を区切ること。

 

2、3年は仕事をして、稼ぐことに特化し、高い集中力を持って、仕事をしていくことが大切かなと。

 

私の場合は、Webと教育に関する事でした。
学生のときからずっと、携わっています。

 

好きな事でないとなかなか続きません。

2.それが世の中に求められていること

好きな事がそのまま仕事=お金
になるのはなかなか難しいです。

 

好きな事が世の中の何らかのお役に立たないと収入を得られません

 

エンジニアなど、専門性があればあるほど、はよく間違いやすいのですが、どんなにスキルがあっても、お金は稼げません。

 

そのスキルを説明する、または翻訳するという作業が必要になってきます。

 

専門性と営業力

 

この2つが非常に重要だといえます。非常に重要だけれども、忘れがちな部分です。

 

営業というものを全く知らずに起業したので、本当に苦労しました。

よくある間違いは、世の中、求められているものを作っているつもりが、自分がただ作りたいだけで終わってしまう場合が多いです。

目の前の人や困っている人をまず、助けてあげる

目の前の人や困っている人をまず、助けてあげる、サポートしてあげることが大事です。

そこで、ニーズに気づくこともできます。

 

小さく試す

いきなり大きな事をすると、そもそも行動できない事も多いです。

 

3.専門性を極めること

好きなことや続けられるだけでは、稼げる程甘くない世界です。
私が意識しているのは全体の3%に入れるかどうか。難しいなら、本当に一部でも良いので、その中でトップになること。

 

また、専門性をかけ合わせることで、独自性を出すことができます。

 

私であれば、エンジニアをやりつつ、Web集客まわりのお手伝いもしています。

 

サーバーもわかって、アプリケーションもわかって、SEOやWeb広告まわりも分かる人。

 

これはなかなか全部できる人はあまりいないと思います。

会社員だと、システム開発なら、システム開発だけ。

 

SEOだけなら、SEOだけというように、なってしまいます。一つの事に特化しすぎると、変化が起きた時、対応できなくなります。

 

4.継続力ー続ける力

専門性をもっていて、挑戦する場合、いろいろな困難に出会うことも多いでしょう。

続ける力がないと、事業も続きません。

うまくなる人は、自分のために始めて、誰かを想ってゴールする

こちらのブログや書籍がオススメです。

 

まとめ

これらを踏まえた上でホームページやブログやSNSを作っていき、情報発信をしていきます。

そうすると、事業は確実に伸びていきます。

最新情報をチェックしよう!
>

毎週、本の著者や塾や法人の方向けなど、何か尖ったサービスを持っている方向けにホームページやブログ等を使って、いかにアクセスを増やし、売上をあげていくのかというお手伝いをしています。

CTR IMG