アメブロの商用利用解禁とWordPressとの技術と集客の7つ比較観点

Web集客内製化支援している佐藤雄大です。 2018年12月にアメブロの商用利用が解禁されました。   出来ることをまとめると ●商品やサービスの販売、宣伝 ・商品の画像等を掲載し、販売や宣伝をすることができます ・ECサイト、フリマサイト等のリンクを掲載し、商品を宣伝するができます ・開催しているセミナー等の宣伝をすることができます ●アフィリエイトサービスのご利用 ・自身の体験を元に […]

ホームページ・Web担当者は誰が適当か。第1話

登場人物:佐藤雄大 大学院でSNSの教育利用に関する研究に従事。卒業後、楽天に入社、その後、独立。 現在はプログラミング思考を用いてWeb戦略をサポート。   鍵の修理屋 都内20店舗経営 吉田さん(仮名)   吉田さん 「Webからの集客から、昔はけっこうお客が来ていて、ホームページの技術者も雇ったのだけど、最近、競合が少しずつ、増えてきてだんだんうまくいかなくなってきました […]

【質問】ブログは毎日更新したほうが良いの?

非常によく受ける質問です。 ブログは毎日更新したほうが良いの? ブログは毎日更新したほうが良い 基本的に、ブログは毎日更新したほうが良いです。記事数は一つの信頼につながります。   特にはじめてばかりの時は集中して、30記事から100記事ぐらいまで書いた方が良いと思います。   どうすれば続けられるのか 100のキーワードづくりをオススメしています。 最初に、ビジネスに関連する […]

伸びるページは専門性を理解し、伸びないページは気まぐれにページを更新する

Web集客をしたいです。という相談を受けます。   私は100%仕事を受けることはしません。   そこで、質問をさせていただきます。   「専門性がありますか?」   直接的には聞きませんが、このような質問をさせていただいていmす。   ビジネス系の本の著者のWebサイトをよく見ることがあります。 意外と、Webサイトが弱いことが多いです。 &nb […]

ブログは書く。そこからはじまる

ブログを書くメンタルに関して。   ブログは書く。そこからはじまる。   いろいろなテクニックはある。   それをいくら学んでもアウトプットは0。   そう、どんなに学んでも0なのである。   はじめてなら、とにかく書いてみる。   今日感じたことや何をやったのかなど。   自分が今学んでいるものでも良い。   今月、 […]

商品やサービスを買ってもらうためにはどいういう記事が必要?

商品やサービスを買ってもらうためには、必要な導線や情報があります。 商品やサービスについて リアルの場合、お店までの道のり 先生業やコンサルティングなどの場合、プロフィール お申し込みの流れ お申し込みフォーム お客様の声 伝わりやすい画像やグラフ など、最低限満たされているのか、チェックしましょう。

Facebookで起業・稼ぐ的な塾がなぜ毎日コメントを課すのか

Facebookは基本的に友達の投稿がFacebook上に流れる   昔は、単純な時系列でしたが、最近は、Facebook側が友達度のような数値を元に、時間や友達度や関心度などを考慮して、配信されています。   だから、ある人の投稿が表示されていない場合、投稿はしているけれども、表示されていない時があります。その場合は、直接その方のページに行くしかありません。   友 […]

ブログを続けて10年以上。数1000記事書いて気づいた6つの事。

私がブログをはじめたのは、2004年。 かれこれ、10年以上がたちました。2004年はまだ、大学1年生でした。 それから、大学院⇒社会人⇒起業しました。 起業してからは6年以上がたちました。   結婚もし、子どもも生まれ2歳になりました(2019年現在)。   数千記事以上書きました。そこでの気づきや学びを書いていきます。 序章 私は大学時代、情報教育学科という、教育と情報(プ […]

ムームードメインのサブドメインの設定し、BASEに割り当てる

ムームードメインのサブドメインの設定。   こちらの弊社サービス以外の、「ドメインを割り当てたいサービス」のレコード値を設定するにて、   独自ドメインを利用するには、上記設定に加えて取得したドメイン会社にて「CNAMEレコード」を “cname.thebase.in” の設定が必要です。 こんな感じで入力。上記はshop.独自ドメインというURLになり […]

毎月、ホームページやブログ数値を振り返る

毎月、ホームページやブログの数値を振り返るのは非常に重要です。   欲を言えば、毎日、毎週、毎月、振り返ると良いでしょう。   具体的には、Google Analyticsとサーチコンソールとを使っていきます。   振り返り方 KPT法を使います。   KはKeepの略。 良かったことや継続したいことを箇条書きで書き出す。   PはProblemの […]