WordPressを使っている人はPHPのバージョンも確認したほうがいい理由

wordpress

前回、Webの知識がない人がWordPressを使う場合、外注するか、まだ無料ブログを使ったほうがいい。

という記事を書いて、個別に連絡をいただくなど、意外と反響があったので。ちょっと技術的なお話。

 

WordPressを使っている人はPHPのバージョンも確認したほうがいいです。

特に大きめのサービスを運用している人は、調べたほうがいいでしょう。

 

特に、5年,10年と同じサーバーを使っている人にとっては。WordpressはPHPというプログラミング言語で動いています。

 

出版社の話ではありません。

 

PHPにもバージョンがあり、最新はPHP7系、その前はPHP5系です。PHP6はないです。

 

調べてみると、いろいろなバージョンがあると思いますが。

 

目安としては、

  • PHP4系⇒さすがにWordpressではいない?
  • PHP5系⇒5.2以下は即検討、5.6以上はぎりぎり動くけれども検討段階。
  • PHP7⇒ひとまず安心。比較的新しいサイトだと思います。

PHPもオープンソースなので、古いままだと、セキュリティ的にも危ないです。

 

一応、Wordpressの推奨環境としては、下記があげられます。

  • PHP version 7.2 or greater.

  • MySQL version 5.6 or greater OR MariaDB version 10.0 or greater.

  • HTTPS support

https://wordpress.org/about/requirements/より引用

 

ここでは、PHPのバージョンにだけ言及します。

 

また、PHP7のほうが速度的にはPHP5より速いです。一般的には2倍ぐらい速くなります。
じゃあ、すぐにPHP7にしようとアップデートすると……。

 

事故ります。特に古ければ古いほど。だから、基本的にはアップデートしたがりません。

 

メンテナンスコストも大きいので、場合によっては、切り捨てる、停止することも考えないといけません。

 

そして、悲しいことに、苦労して、アップデートしても、アクセス数や見た目はアップデートしても変わらないので、エンジニアは基本的には褒められない作業…。

 

もし、エンジニアを抱えている会社さんなら、こういう作業を大事にしてあげてください…。

 

PHPのリリース日とサポート期限ですが

  • PHP 5.4 以前の公式サポートはセキュリティサポートも含め既に終了している。

  • PHP 5.5 は2016年7月10日に公式のセキュリティサポートが終了し、その前の2016年6月23日に 5.5 系最終リリースとなるはずだった 5.5.37 が公開された。しかし、セキュリティサポート終了後の2016年7月21日に 5.5.38 が公開された。

  • PHP 5.6 の公式サポートのセキュリティサポートは2018年末まで延期された。

PHPのリリース日とサポート期限より引用

とあるプロジェクトでは、PHP5.2がずっと使われていたので、それを7系にするのに、半年程かかりました。

 

本当にこれは、サービスによって、一瞬で終わる場合もあれば、何人がかりでやっても、半年、1年かかってしまうプロジェクトになるケースもあり、本当にピンきりです。Wordpress以外のサービスも使われているケースもあるので。

 

結論として、作業やるやらないは別として、PHPのバージョンを確認するといいでしょう。

わからなければ、担当者に聞くのが一番です。

 

コメント