デジタルマーケティングと導入の注意点について

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、Web広告、検索エンジン、Webサイト、SNS、メールなど、様々なあらゆるデジタルテクノロジーを活用した、マーケティングです。

同様にWebマーケティングという言葉があります。

・Webサイトの作成
・SEO(検索エンジン最適化)
・Web広告
・SNSマーケティング

などがあります。デジタルマーケティングはWebマーケティングをすべて含んでいるとお考えください。

現在、デジタルデータは膨大に増えていて、これらのデータをいかに扱うのか、自動化するのかが競争力になっています。

デジタルマーケティングでは、
AIなどによる自動化
MA(マーケティングオートメーションなどの自動化)
なども含まれます。

例えば、Aさんは食品のサイトを見ていました。
そこの新鮮な魚が好きで、よく購入しています。

リアルなお店であれば、仲の良い店員がいれば「今日は鯛が入荷したよ」と教えてくれます。
Webであれば、入荷したタイミングで、このひとは、お魚好きと判断し、その人に対して、メールなどで通知することも可能です。

近年は情報で溢れています。だからこそ、上記の例であれば、お魚もお肉もお野菜もいろいろなチラシを送るよりも、そのお客様にあった情報だけを提示したほうが、反応率が高いです。

一見、難しいようですが、たくさんのマーケティングオートメーションツールができ、個人レベルでも、対応できるようになってきました。

私のメルマガ一つとってもそうです。
メールを誰が開いたのか、私は把握しています。
そして、どれぐらいリンクを踏んでくれたのかわかります。
どの人がよく読んでくれているのか、5段階で数値化されています。

その5段階の数値を元に、本当によく読んでいただいている方にだけ、ご連絡を取るということも可能です。

数値を取っていると、この件名は興味ある、ないとかの判断がつきます。
ただ、何となく、情報発信しているよりも、よっぽど効果的だと思いませんか。

デジタルマーケティング、導入において注意すること

ビジネスの目標をたてていること

数値を取れるようにすること

データ連携や自動化を考えること

があげられます。

ビジネスの目標をたてていること

売上がいくら。

その売上を上げるために、資料請求数が○件

資料請求数を取るために、☓件のアクセスが必要

など、決まっていると、デジタルマーケティングを導入しやすいです。

 

逆にツールありき、このあたりがあやふやだと、導入した当初に失敗します。結構こういう場面に遭遇します。

数値を取れるようにしておくこと

Webのアクセス数がわからない、またはそのデータを全く把握していないということがよくあります。まずは数値と向き合うようにしてください。

 

データ連携や自動化を考えること

ビジネスの目標をたてて、数値が取れるようになってくると、デジタルマーケティングがすごく楽しくなってくるのですよね。

 

最新情報をチェックしよう!

デジタルマーケティングの最新記事8件

>あなたはWebで売上を上げられる人?上げられない人?

あなたはWebで売上を上げられる人?上げられない人?

【クイズで学ぶ】Webで売上を作る・上げるメール基礎講座です。ぜひ、チャレンジしてくだしあ

CTR IMG