PHPのバージョン確認。昔からレンタルサーバーを借りている人がWordPressを入れると注意が必要

wordpress

最近になって、Wordpressをインストールする人にはあまり関係がありません。

 

ただ、昔からレンタルサーバーを借りている人(昔からビジネスをしている人)にとって、新規でWordpressを使う場合、PHPのバージョンの確認が必要です。

 

古いバージョンを使っているとセキュリティやプラグインに不具合が生じやすくなります。

 

エンジニアではない人にとって、PHPって何?とう感じだと思います。

 

PHPはプログラミング言語の一種で、WordpressはPHPという言語が元になっています。

 

バージョンはたくさんあるのですが、

PHP5.2なのか
PHP5.3以降なのか、
PHP7以降なのか

で大きく変わってきます。

 

ちなみに、最新はPHP7系です。
もちろん、PHP7のほうがいいです。

 

最近、レンタルサーバーを借りた人のほとんどはPHP7系になっていると思います。

 

ちなみに、PHPの6はありません。

 

感覚的にですが、そして、PHP5.2とPHP5.3は全然違います。

 

そして、PHP5.3以降とPHP7は当然バージョンアップして、スピードやセキュリティなどはありますが、そこまで目立った変更はありません。

 

セキュリティの事を考えて、できれば、最新のものを使いたいものです。

 

ただし、PHP7がいいからといって、いきなりバージョンアップしてしまうと、不具合を発生してしまうケースもあるので、注意が必要です。

 

もし、新規でWordpressを作るのであれば、影響を与えない場所でPHPのバージョンが最新のもので、作りましょう。

 

技術的な話も含んでいるので、わからなければ、身近な人に聞くのが一番です。

 

エンジニアだと、バージョンアップって、すごく気を使います。どういう影響範囲があるかなど、検証します。

 

そういうことを考えると、新規でいろいろと作るのは結構簡単なのですが、

 

 

 

コメント