パン屋で学んだ、最終的にホームページをなくすのが理想

ホームページ制作やWeb集客をバリバリしている人が言うのもおかしいですが、
最終的にホームページをなくなっても、口コミやリピーターで行列ができている状態が一番の理想だと思っています。

うちの近所にパン屋があります。
パン屋なんて、近所にたくさんあります。

でも、ほぼそこでしか買いません。
手軽なお土産を上げる時は、そこでパンを買うことが多いです。

理由は簡単で、圧倒的に美味しいからです。
素材も一流の物を使い、日々変わる温度や湿度に合わせて、微調整しつつ、全て手で作る。

開店当初はあまりお客様がいませんでした。
ただ、1年たったら、けっこうお客様がいます。

そして、遠くから買いに来る人がけっこういます。
車のナンバーを見ても、30分ぐらいかかるのではないかな?
と思うケースも結構あります。

そこのパン屋、別に広告を出しているわけではありません。
Webもあまりやってません。ただ、ちょっとinstagramをやっているだけです。

ただ、Instagramに焼き上がりのパンなどをアップするとすぐに売れてしまうケースもあります。

Webは商品やサービスと潜在的なお客様にアプローチすることはできますが、
その後は、本当にいい商品やサービスを提供しない限り、ずっと新規顧客開拓をし続けなければいけません。

私であれば、新規顧客開拓なんて、極力したくないです。その時間があれば、より、今のお客様にいいサービスを提供したいと思っています。

それが、Web集客の限界だと思っています。

いつも、パンを買いながら、これが理想的だなといつも考えています。

もう少し、踏み込んだ事を書くと、Webの広告も前はテレビなどで一斉に流すのが主流でしたが、だんだん、男女、年代別、個人に合わせて、出せるようになってきました。

日本の人口も減っていきます。パン屋を例に、機械化すれば、大量にパンを作れるけれども、きっと、そのお店はつぶれるでしょう。

地域や個人に合わせて、尖った作品を作る。これが今後の日本においては、重要になってくるでしょう。

過去にこんな記事も書きました。パン屋がネタ元です。

Instagramでの集客のやり方と基本ステップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする