さくらインターネットのレンタルサーバーのWordPressが遅い理由

wordpress

さくらインターネットで昔から利用している会社さんの担当をしているのですが、Wordpressを使ったホームページがとにかく遅いのです…。

 

同じテンプレートを使っていても、さくらインターネットのレンタルサーバーだけ遅いのです。

ちなみに、上記はGoogleのPageSpeed Insigthsを利用しています。

 

このような形でサーバー応答時間の短縮が求められるのですが、プラグインの問題もあるのですが、それにも限界があります。

 

あらゆる手段を試したのですが、サーバー自体の問題にぶち当たってしまいました。

 

さくらインターネットでは高速化したと謳っているにも関わらず。

 

よく読んだら、一番下に注釈がありました。

2018年4月17日以前にお申し込みいただいたお客様へ
・新構成サーバへ移行される場合、現行プランの解約やデータ移行、WordPressなどの再設定はお客様にて対応が必要です。
・サーバ機器の更新により新構成サーバへ自動的に移行される場合があります。メンテナンス前にメールにてお知らせします。

これより、前に申し込んだ人には適応されていません。

 

そこで、最近は下記のConohaのレンタルサーバーに移設しました。

 

国内最速の高性能レンタルサーバーサービスです。高速・高機能・高安定性に優れたレンタルサーバーです。

 

最速なのも良いのですが、ワンクリックで、サーバーの移設をする機能もついています。

 

また、サーバーの立ち上げ時間に応じての課金なのと、最初の登録費も0なので、最初テストで移設してみて、スピードの確認を行い、問題なければ、ドメインも移すという形が良いと思います。

 

それで、実際に試してみまして、サーバー応答の時間短縮の問題がなくなりました。

 

コメント