目の前にいる一人を喜ばせる事がWebで成功する一番の近道。

私はWebエンジニアですので、よくサービスを作ったりします。
新しい物を作っては、壊し、その中の何個かは、ずっと使っていたり、使われていたりします。

新しい物を作るとき、よくある失敗は、2つ

「なんとなく面白そうだから作った」
「新しい技術を使いたい」

結局、誰も欲しがらないサービスが生まれます。
私自身も何度も失敗しました。だからこそ、気をつけています。

では、どうするのか。

目の前の一人を想像して、作って、実際に、喜ばせればいいのです。
それが、自分自身の場合もありますし、他者の場合もあります。

だからホームページでも、サービスでも、作ったら、まず目の前の人に使ってもらう事を大事。

その中から、どういう年代、どういう性別、どういう用途で使うのか、わかってきます。

それを省略すると、まったく使われないサービスになってしまいます。

実際に一人でも使ってもらうことによって、足りない機能も見えてきますし、実は想定外の使われ方、想定外のターゲットだったということもあるかもしれません。

ホームページやブログを作れば、何でも売れると勘違いしている人も多いです。
ホームページやブログの限界は、お客様に認知してもらうまで。

いいサービスなら、使ってもらったり、買ってもらったりしてもらえます。

目の前の人にすら、喜んでもらえないようなものであれば、結局は買ってもくれません。

Webページで成功している個人や会社はリアルをうまく、Webページに反映しています。

だからこそ、Webからお問い合わせがきたり、商品を購入してくれます。

まとめ

いきなり売上を100万とか、ユーザ数100万人を目指す前に、まずは目の前の一人を喜ばせましょう。

それからサービスを大きくするのかなど、考えていくといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする