教科書にない、Google広告のレスポンシブ検索広告の運用に関して

Web広告

Google広告のレスポンシブ検索広告の運用に関してです。

 

教科書にはなかなか書いてないですが、Googleの担当者に聞いたことなので、信用はできると思います。

 

リスティングの設定では

  • テキスト広告
  • レスポンシブ検索広告(β版)

に分かれます。

 

レスポンシブ検索広告(β版)とは

レスポンシブ検索広告では、より豊富なテキストを使って、ユーザーにより関連性の高いメッセージを表示する広告を作成できます。

 

レスポンシブ検索広告の作成時に広告見出しと説明文を複数入力すると、時間の経過とともに、さまざまな組み合わせが自動的にテストされ、どの組み合わせが最も効果的かが学習されます。

 

レスポンシブ検索広告では、広告のコンテンツが見込み顧客の検索語句との関連性が高まるように調整されるため、キャンペーンの掲載結果の向上を見込めます。

Google広告ヘルプより引用

上記、内容が難しく感じるかもしれませんが、機械が自動的にテストして、どの文言の組み合わせが効果的なのか?を自動的に判断してくれます。

 

念の為、補足で書きますが、レスポンシブ広告とレスポンシブ検索広告は別の広告を指すので、気をつけてください。

テキスト広告とレスポンシブ検索広告どちらが良いか

基本的に、レスポンシブ検索広告(β版)を推奨されます。ただ、併用をオススメされます。あくまでも、まだβ版のようです

 

テキスト広告とç(β版)の比率は?

テキスト広告が2つ、レスポンシブ検索広告が1つで運用していくのが推奨されています。

 

レスポンシブ検索広告(β版)の運用方法は

アカウントにもよりますが、レスポンシブ検索広告を複数つくるよりも、1つに対して、変更を加えていくのが良いみたいです。

 

 

 

 

コメント