NO IMAGE

iOS14とWeb広告への影響は2021年春以降。まとめ

iOS14とWeb広告への影響について調べています。

iOS14のアップデートによるWeb広告への影響

iOS14の影響を知る上でまずは、ITPについて理解しておかなければなりません。

ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは簡単に言うと、Appleユーザーのプライバシー保護機能のことです。Apple社のブラウザ、Safariに実装されているプライバシー保護を目的として、ユーザーの行動を追跡・分析するトラッキングの制限を行う機能です。

より個人のプライバシーが守れるようになった一方で、広告の効果測定やターゲティングに利用できるオーディエンスデータ(行動履歴や興味関心など)の取得がさらに厳しくなりました。

特に、海外では、プライバシーまわりで、裁判なども起きています。

また、こちらのサイトでは影響として、下記をあげています。

リターゲティング広告配信の減少
ターゲティング広告精度の低下
計測可能なコンバージョンの減少

これは、私も同意です。例えば、車を購入を予定しているユーザーは車のサイトをたくさん巡回するとします。そのようなユーザーには車の広告を出すことが可能だったのですが、ユーザの行動が取得できなくなってくると、少しずつ難しくなるかもしれません。

ただ、それおを上回る何かしらの技術も出てくるかもしれません。

そのあたりは、いたちごっこの状態が続いています。

 

【ニュース】GoogleがiOS14以降のポリシーアップデート対応について発表

AppTrackingTransparency(以下、ATT)で、ユーザーをトラッキングしたりIDFAにアクセスしたりするのにユーザーから事前に許可を得るフレームワークです。

Preparing our partners for Apple’s iOS 14 policy updates

ATTが単純に施行され、ユーザの許可を得られないと、精緻なターゲティングができなくなり、広告に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

元々はiOS14のときにリリース予定でしたが、春先に伸びるようです。
AppTrackingTransparency requirement update

This requirement now goes into effect starting with the upcoming beta update, and will roll out to everyone in early spring with an upcoming release of iOS 14, iPadOS 14, and tvOS 14.

どのぐらいの影響が出るのかはわからないので、今後も注視していきたいと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>

毎週、本の著者や塾や法人の方向けなど、何か尖ったサービスを持っている方向けにホームページやブログ等を使って、いかにアクセスを増やし、売上をあげていくのかというお手伝いをしています。

CTR IMG