Facebookで起業・稼ぐ的な塾がなぜ毎日コメントを課すのか

SNS

Facebookは基本的に友達の投稿がFacebook上に流れる

 

昔は、単純な時系列でしたが、最近は、Facebook側が友達度のような数値を元に、時間や友達度や関心度などを考慮して、配信されています。

 

だから、ある人の投稿が表示されていない場合、投稿はしているけれども、表示されていない時があります。その場合は、直接その方のページに行くしかありません。

 

友達度はどのように数値が決まるのか。

 

どのように、友達度のような数値が決まるかというと、

ニュースフィードに表示される投稿は、友達や家族をはじめ、利用者が関心を持っている人、場所、ものごととのつながりを保てるようになっています。

 

あとは、例として、ニュースフィード上部に表示される可能性の高い投稿:

他の人の写真や近況アップデートに友達や家族がコメントや「いいね!」した場合

 

友達がシェアしたパブリッシャーの投稿に誰かがリアクションした場合

 

動画やニュースフィード記事のコメントで複数の人が互いに返信し合っている場合

Facebookのヘルプページを参照・引用

 

簡単にいえば、いいねやコメントをすれば、友達度が高くなるからいいよというお話。

 

某起業家塾での教え方

某Webの起業家のための塾の方は、1日5投稿以上、20コメントやいいねなどをさせるという苦行を課せられます。

 

全ては皆に表示がされたいがために。

 

でも、よく考えてほしいのが、それをやっていて、楽しいのかどうか。

そして、露出が増えたことで、誰を幸せにしているのかということ。

 

苦痛の上でつけられたコメント等、嬉しくもありません。

 

よくあるのが、「おはようございます。…」

いや、記事関係ないでしょみたいな…。

 

人間、苦痛なことは続かない。

 

人のためにならないことをやっていても続かない。

 

そして、ブログやFacebookなどやって、自分をよく見せようと思っても、続かない。

 

と思っています。

 

事実、ブランディングをしたいと思い、等身大以上の事を書いてたら、消えていく。

と思っています。

 

こちらを参照:ブログを続けて10年以上。数1000記事書いて気づいた6つの事。

 

SNSを使った研究はたくさんあります。

 

研究のやり方にもよりますが、SNSを使うと不幸せになるという研究もあります。

 

SNSも道具。良い道具にもなれば、悪い道具にもなる。

 

せっかく、SNSに時間を使うのだから、楽しく使いたいものだなと思っています。

 

当然、うまくいっている人も知っていますが、いかなかった人のほうが大半です。

 

その他:Facebookに関する教え

闇雲に、友達を増やす行為はオススメしていません。何かしら、接点があるか、どうしても友達になりたいときは、一度メッセージをちゃんと送るのがマナーです。

コメント