ドメインをまたぐ場合のタグの設定まとめ

ドメインをまたぐ場合のタグの設定まとめ

ドメインをまたぐカスタマー ジャーニーを測定する

ドメイン リンカー機能を利用すると、別々のドメイン上にある複数の関連サイトを 1 つにまとめて測定できます。gtag.js フレームワークにより、カスタマー ジャーニーが複数のドメインにまたがっている場合に、サポート対象の Google サービスがアクティビティを測定する一般的な方法が提供されます。

ドメイン全体のアクティビティを測定する

Google アナリティクスのクロスドメイン測定機能を使用すると、2 つの関連サイト(e コマースサイトと、それとは別のショッピング カートのサイトなど)でのセッションが個別の 2 回のセッションとしてではなく 1 回のセッションとしてアナリティクス レポートに記録されます。「サイト間のリンク」とも呼ばれるこの手法を活用することで、顧客の購入経路の全貌をより効果的に測定できます。

Google アナリティクスは、一意のクライアント ID を生成することで、ユーザーが新規ユーザーかリピーターかを判断します。クライアント ID が一致するヒットがすでに同じプロパティに送信されていれば、ユーザーはリピーターとして認識されます。

クロスドメイン測定は、ソースドメインとリンク先ドメインの間でクライアント ID を共有することによって機能します。クライアント ID はブラウザの Cookie に保存されるため、同じドメインのページからのみアクセスできます。複数のドメインを所有しており、それらを単一のプロパティとして扱いたい場合は、分析するすべてのドメインでクライアント ID を共有する方法が必要になります。